尾美としのりが映画監督・大林宣彦氏との23年間の絶縁関係を初告白 18年に再会果たす

記事まとめ

  • 尾美としのりが恩師の映画監督・大林宣彦氏と23年間も絶縁関係にあったことを初告白
  • 尾美は16歳で大林監督の映画「転校生」の主役に抜てきされ、以後三部作で主演した
  • その後、卒業宣告を受け絶縁状態になったが、18年の新作映画で再会を果たしたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております