栗田貫一、モンキー・パンチさんと最後に会ったのは1年半前「ルパンをこれからも…」

栗田貫一、モンキー・パンチさんと最後に会ったのは1年半前「ルパンをこれからも…」

舞台あいさつに登壇した(左から)宮野真守、栗田貫一、小池健監督、浄園祐プロデューサー

 タレントの栗田貫一(61)が24日、都内で行われた映画「LUPIN THE 3RD 峰不二子の嘘」(5月31日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。

 原作者のモンキー・パンチさん(享年81)が11日に死去。栗田は95年に声優・山田康雄さん(享年62)が亡くなり、2代目ルパン声優を引き継いだ。もともとはお笑いタレント。畑違いの大役だったが「右も左も分からない世界に入った僕に対し、(モンキーさんは)いつもガラス越しにニコッと笑ってくださった」と回顧。さらに「こんなことしかできなくて…」とモンキーさんに尋ねたところ、「とんでもない。ありがとうね」と声をかけられたことをしみじみと振り返った。

 最後に会ったのは1年半前にモンキーさんの故郷・北海道厚岸郡浜中町で行われたイベントだという。「モンキーさんに預けていただいたルパンの作品をこれからも頑張っていきたい」と天国へ誓った。