松本白鸚「3人の子が私の仕事を継いでいる」幸四郎らの活躍に目細める

松本白鸚「3人の子が私の仕事を継いでいる」幸四郎らの活躍に目細める

製作発表に出席した松本白鸚(右)と松本幸四郎

 歌舞伎俳優の松本白鸚(76)、市川染五郎改め10代目松本幸四郎(46)が24日、東京・コートヤード・マリオット銀座東武ホテルで「松竹大歌舞伎 東コース」(6月30日〜7月31日、江戸川区総合文化センターなど)の製作発表に出席した。

 同公演は、「二代目松本白鸚襲名披露 十代目松本幸四郎襲名披露」の口上や「引窓」などを行い、全国24館40公演のタイトな予定となっている。夏場の公演に白鸚は「1回1回が勝負。暑さ寒さは関係ない」とキッパリ。幸四郎は「この(日程の)ように無理をしないことが第一」と笑わせつつ、「ご当地の皆様に楽しんでもらうことと、その土地の食を取ることが元気の秘訣(ひけつ)」と、早くも巡業を楽しみにした。

 2人とも昨年の襲名から約1年半がたつ。心境の変化を聞かれ幸四郎は「何もない、というのが正直なところです。『さぁ、これから何をやっていくんだろう』ということが大事なのかと感じております」と話した。

 白鸚は「私としては息子に幸四郎を渡しました。長女の松本紀保は私のやっておりました現代作家の方々と組んで小さな劇場でやっていたものを、こつこつやってくれている。次女の松たか子は、私がテレビ、ミュージカル、レコードを出していたのを引き継いでいる」とした上で、「3人の子が私の仕事を継いでいる。自分のやってきた仕事を渡してこられた喜びがあります」と目を細めた。