篠原涼子、誕生日プレゼントは「下着だとうれしい」

篠原涼子が「今日も嫌がらせ弁当」試写会に 誕生日プレゼントは「下着とかうれしい」

記事まとめ

  • 篠原涼子が塚本連平監督の映画「今日も嫌がらせ弁当」の親子試写会に登場した
  • 篠原は市村正親と結婚、小2と小5になる息子たちが反抗期に入りつつあることを告白
  • 「母への誕生日プレゼントは何が喜ばれるか」との質問に「下着とか」と答えていた

篠原涼子、誕生日プレゼントは「下着だとうれしい」

篠原涼子、誕生日プレゼントは「下着だとうれしい」

舞台挨拶に登場した篠原涼子

 女優の篠原涼子(45)が15日、東京・スペースFS汐留で映画「今日も嫌がらせ弁当」(6月28日、塚本連平監督)の親子試写会に参加した。

 今作はアクセス数350万を突破した人気ブログが原作。母親を完全に無視する反抗期の娘と親子の奮闘記を描く。

 2005年12月に24歳年上の俳優・市村正親(70)と結婚し、08年に第1子の男児、12年に第2子の男児を出産した。今では小学校2年生と小学校5年生にまで成長した。愛息とはコミュニケーションやスキンシップを必ず取ることを意識する篠原だが、息子たちが反抗期に入りつつあるため、「最近『触らないで!』とすごく嫌がられる。すっごく寂しいので、子どもたちが寝ている間に触りまくってます」とママの一面をのぞかせた。

 17歳の女の子から「母への誕生日プレゼントは何が喜ばれるか」という質問に、「美容・健康グッズは大歓迎。あと、誰に見せるわけでもないですけど、下着とかうれしいです。見えない所のオシャレはテンションが上がります」と明かした。ワンオペ育児に困っている母親からの質問には「気晴らし出来る趣味が必要。映画とか、DVDでもいい。私はヨガをやっていて、3時間くらいやるとかなりのリフレッシュになる」と実直に答えた。