KANA―BOON飯田、15日深夜に帰宅 けがなし今後は「体調見て」

KANA―BOON飯田、15日深夜に帰宅 けがなし今後は「体調見て」

「KANA−BOON」飯田

 今月5日から音信不通になっていた4人組ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト・飯田(めしだ)祐馬(28)が、15日深夜に無事帰宅していたことが16日、分かった。グループが公式サイトで発表した。

 サイトでは、15日深夜に家族から本人帰宅の知らせを受けたといい、「憔悴(しょうすい)してはいるものの、怪我(けが)などはないとのことで、警察にもその旨を報告しております」と説明した。

 今後の活動については「本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております」とした。バンド関係者によると、16日時点で飯田とメンバー3人とはコンタクトが取れていない状態だというが、ボーカルの谷口鮪(まぐろ、29)は「無事でよかった…たくさんご心配をおかけしてしまい、すみませんでした」と安堵(あんど)のツイート。23日に都内で開催されるライブイベントにはバンドとしては出演する予定だが、飯田自身が参加するかは流動的だという。

 飯田は5日から家族やメンバーらと音信不通状態に。13日に公式サイトで「家族が捜索願を警察に提出している」などと報告し、15日に開催予定だったライブの中止を発表した。

 飯田は女優・千眼美子(当時は清水富美加)と過去に不倫関係だったことを2017年に明かし謝罪。千眼は今月8日に「悲しいお知らせも悲しいとか残念とか思いすぎない」などと意味深ツイートをしていた。

 ◆KANA―BOON行方不明騒動の経過

 ▼5月31日 飯田がツイッターで「ラジオ聴いてくれた人ありがとう!」と書き込み

 ▼6月5日 飯田とメンバー、家族、スタッフ側との連絡が途絶える

 ▼同12日 13枚目のシングル「まっさら」発売

 ▼同13日 公式サイトで飯田が音信不通であることを発表

 ▼同14日 メンバー3人が連名で「ただただ無事を祈るばかりです」などと公式サイトでメッセージ

 ▼同日 FM OH!(FM大阪)が、飯田を含むメンバー全員が事前収録で出演したラジオ番組を放送

 ▼同15日 開催予定だった5周年企画ライブを中止

 ▼同16日 無事が確認される

 ◆KANA―BOON 堺市出身のボーカル兼ギター谷口鮪、ギター古賀隼斗、ドラムス小泉貴裕、飯田による4人組バンド。08年に高校の同級生で結成された。飯田はオリジナルメンバーではなく11年に加入した。13年にシングル「盛者必衰の理(ことわり)、お断り」でメジャーデビュー。これまで13枚のシングル、4枚のオリジナルアルバムを発売している。