吉高由里子、新潟での震度6強地震で「わた定」最終回放送延期に「娯楽は命あってのお話です。被災地の方どうかどうかご無事でありますように」フォロワーから共感続出

吉高由里子、新潟での震度6強地震で「わた定」最終回放送延期に「娯楽は命あってのお話です。被災地の方どうかどうかご無事でありますように」フォロワーから共感続出

吉高由里子

 女優の吉高由里子が19日、自身のツイッターを更新。18日夜に発生した新潟で震度6強の地震での被災者へお見舞いの言葉をつづった。

 吉高は自身が主演するTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(火曜・後10時)の最終回が18日に放送されたが、途中で地震が発生しニュース速報に切り替わった。その後、番組は公式ツイッターで「本日の『わたし、定時で帰ります。』最終回の放送は中止させて頂きます。最終回の放送に関しては、また決定次第、告知させていただきます」と発表していた。

 吉高はツイッターで「生きていれば色んな経験があるんだなと改めて痛感した1日になりました」とした上で「娯楽は命あってのお話です 被災地の方どうかどうかご無事でありますように 何もなく心身共に健やかに過ごす事が出来る時まで皆さまが前向きな明日へと心が向かう日まで待ちたいです きっと来ます 今はただ祈ります」と地震で被害を受けた方々への思いをつづった。

 このメッセージにフォロワーから「由里ちゃん、おはようございます。津波注意報が全て解除されて本当に良かったですね…自分も被害地の方々がご無事でありますように祈ります」。「生きていればいろんなことも起こりますね 私も今は祈ることしかできないですが被災地の方にはどうか無事でありますように」。「突然の地震でビックリしました。被災地の方々の命の危険に心を痛めた事でしょうね。皆様の1日も早くの復興をお祈り申し上げます。吉高さんと共に」。「吉高さんの言葉を見て温かいなって思ったし、さらにだいすきになりました。祈りはきっと届きます 最終回の放送楽しみにしてます!」と被災者へのお見舞いのメッセージと吉高の言葉に共感した思いをつづった書き込みが集中していた。