岡田准一にジークンドーで撃沈 加藤浩次“マジギレ”「何やってんだよ!」

岡田准一「スッキリ」で加藤浩次にジークンドー技かける 加藤「危ない」と"マジギレ"

記事まとめ

  • 「スッキリ」に、映画「ザ・ファブル」が公開されるV6の岡田准一が生出演した
  • MCの極楽とんぼ・加藤浩次にジークンドーの"技"をかけて、撃沈させた
  • 加藤は「危ない」「何やってんだよ」「マジで怖いよ」と悲鳴をあげ"マジギレ"していた

岡田准一にジークンドーで撃沈 加藤浩次“マジギレ”「何やってんだよ!」

岡田准一にジークンドーで撃沈 加藤浩次“マジギレ”「何やってんだよ!」

加藤浩次

 20日に放送された日本テレビ系「スッキリ」(月〜金曜・前8時)に、主演映画「ザ・ファブル」(江口カン監督)が21日に公開されるV6の岡田准一(38)が生出演。番組MCのお笑いコンビ「極楽とんぼ」加藤浩次(50)に武術の“技”をかけて、撃沈させた。

 「殺し屋」を演じている岡田は映画の中で激しいアクションを披露している。普通は危険なシーンではスタントマンが“代役”をつとめるが、すべてノースタントだという。「全部自分ですね。現場入ったら『どうぞ』って言われました。(覆面をかぶっていて)僕じゃなくてもわかんないと思うんですけど」と明かした。ケガなどが心配されるが「ケガしないのが特技なんです」とサラリと語った。

 以前から格闘技や武術を習ってきた岡田。ブルース・リーの哲学で知られる実戦的な武術「ジークンドー」も修得しているということで、“武闘派”加藤と対決することになった。

 加藤からパンチを受けたと想定して組むと、素早い動きで加藤の腕をつかんでマットに沈める岡田。その後も加藤からの“攻撃”をあっという間にかわして撃破すると、加藤「危ないって!」「何やってんだよ!」「マジで怖いよ!」と悲鳴をあげ“マジギレ”していた。

 最後には頭をロックされ、マットで気を失った表情を見せる加藤に、“天の声”をつとめるお笑いコンビ「南海キャンディーズ」山里亮太(42)から「最終回だ!さようなら(加藤)浩次〜」の声がとんでいた。

 加藤は「すごいね〜。結構実戦的だね」「ガチだね。本当のヤツじゃん」と岡田の武術に驚愕していた。