中山美穂、20年ぶり新曲発売…来年3月の50回目誕生日に単独コンサートも

中山美穂、20年ぶり音楽活動を本格再開へ 「私の気持ちはいつも音楽であふれている」

記事まとめ

  • 中山美穂が35周年イヤーに突入する節目の年に、音楽活動を本格再開する
  • 20年ぶりの新曲を今冬にも発売予定で、来年3月には中野サンプラザでコンサートを行う
  • 中山は今年3月にはFLYING KIDS・浜崎貴司のライブに出演するなどしていた

中山美穂、20年ぶり新曲発売…来年3月の50回目誕生日に単独コンサートも

中山美穂、20年ぶり新曲発売…来年3月の50回目誕生日に単独コンサートも

デビュー35周年に突入する節目に、音楽活動を本格再開する中山美穂

 女優で歌手の中山美穂(49)が、音楽活動を本格再開することが20日、明らかになった。

 ミポリンの歌声が帰ってくる。85年6月21日に「C」でデビューした中山。この21日から35周年イヤーに突入するタイミングであることから、節目の一年を彩るべく、音楽活動に本腰をいれることになった。今冬にも「Adore」(99年9月16日発売)以来、20年ぶりのオリジナル曲を発売予定。さらに来年3月1日、自身の50回目のバースデーに、初コンサートを行った思い出の地・中野サンプラザで単独コンサートを行う。

 約20年もの間、音楽活動から遠ざかっていた中山だが、ファンやスタッフから再開を望む声は多く寄せられていた。2015年に「FNS歌謡祭」に出演し、歌声を披露した際には、中山の出演シーンが、番組の瞬間最高視聴率にあたる20・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。また今年3月には、親交のあるFLYING KIDS・浜崎貴司(54)のライブにゲスト出演。魂のこもったパフォーマンスを見せ、音楽への情熱の片鱗(へんりん)を見せていた。

 中山は「ありがたいことに、コンサートはやらないのですか?と言って下さる方が沢山(たくさん)います。音楽から遠ざかって随分と経(た)ちますが、私の気持ちはいつだって音楽であふれています」とコメント。初コンサートの思い出の地で再び歌声を響かせることについて「泣いたり笑ったり、感動の思い出が沢山詰まった中野サンプラザ。また歌えることの喜びを皆さまにお伝え出来る日が来るなんて信じられませんが、かなりぜいたくな誕生日パーティーとして楽しんで頂けたらと思います」と呼びかけた。

 〇…中山は女優業でも好調。今年はフジテレビ系スペシャルドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」でしたたかな悪女役を好演したほか、今秋には自らが出演を直訴した映画「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」にも出演予定。監督・脚本・主演の松尾スズキ氏(56)の妻を演じており、大胆なシーンも。円熟期を迎えた演技にも注目が集まっている。