宇宙Six原嘉孝、同ユニットの目黒蓮に代わっての主演に「プレッシャー」

宇宙Six山本亮太と原嘉孝のダブル主演舞台が開幕 同ユニット目黒蓮主演舞台の再演

記事まとめ

  • 宇宙Sixの山本亮太と原嘉孝がダブル主演する舞台『桃山ビート・トライブ』が開幕
  • 同ユニットの目黒蓮が主演した舞台の再演で、14〜16日に京都公演を終えた
  • 目黒に代わり主演を務めた原は「1人だけ代わるのはプレッシャーでした」と話した

宇宙Six原嘉孝、同ユニットの目黒蓮に代わっての主演に「プレッシャー」

宇宙Six原嘉孝、同ユニットの目黒蓮に代わっての主演に「プレッシャー」

再演舞台が開幕した(前列左から)水野絵梨奈、山本亮太、原嘉孝、副島淳、(後列同)奥谷知宏、山崎樹範、星野真里、冨岡健翔

 ジャニーズJr.のユニット「宇宙Six」の山本亮太(29)と原嘉孝(23)がダブル主演する舞台「桃山ビート・トライブ〜再び、傾(かぶ)かん〜」の東京公演が21日、EXシアター六本木で開幕した。

 17年に山本と同ユニットの目黒蓮(22)が主演した舞台の再演で、14〜16日に京都公演を終えた。目黒に代わって主演を務めた原は「一座が一度出来上がっている中で、4人の中で1人だけ僕が代わるというのはプレッシャーでした」。“同期”で同僚の目黒に「前作を見て5回泣いた。今度は目黒に見てもらって5回以上、泣いてもらいたい」とライバル心をのぞかせた。