松本人志、ピエール瀧被告の執行猶予付き判決に「本当にこの国は薬物を排除しようって思っているのかな」

松本人志がピエール瀧被告の判決受けマスコミ報道に持論 「我々が騒ぎすぎました」

記事まとめ

  • ダウンタウンの松本人志がフジテレビ系「ワイドナショー」ピエール瀧被告の判決に言及
  • 「意外とそんな感じか」「マスコミが騒ぎすぎたのか」などと報道に対して持論を述べた
  • 電気グルーヴのピエール瀧被告は、18日に懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けた

松本人志、ピエール瀧被告の執行猶予付き判決に「本当にこの国は薬物を排除しようって思っているのかな」

松本人志、ピエール瀧被告の執行猶予付き判決に「本当にこの国は薬物を排除しようって思っているのかな」

ピエール瀧被告

 23日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)でコカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪に問われたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)に対し、東京地裁は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決を言い渡したことを報じた。小野裕信裁判官は、「人生」の文字が入った写真を持ち出し、異例の長さとなる5分を超えて説諭した。

 「ダウンタウン」の松本人志は今回の判決に瀧被告を「知らない間柄でもないので、執行猶予付いたのは良かったなと思う反面、こんだけニュースやワイドショーで散々、みんなで大騒ぎしてコカインを30年に渡ってやっていた人に執行猶予付くのは、そこまで騒ぐほどのことじゃないって言われているような気がして、我々が騒ぎすぎましたかって思ってしまう」と明かした。

 その上で「今コカインやっている人やコカインに興味のある人に、あれ、こんな感じかって思われやしまいかなってちょっと思いますね」とし「今後、芸能人の薬物の事件が出た時にマスコミはめちゃくちゃ騒ぐじゃないですか。でも騒いだ割には意外とそんな感じかっていう罪になっていると僕は思ってしまってて。罪のこれぐらいが当たり前でマスコミが騒ぎすぎたのか。その温度差にすごく違和感を感じてしまう」と持論を展開した。

 さらに今回の判決に「テレビはあおるじゃないですか。薬物は危険かダメか周りの人を不幸にするって言っている割には本当にこの国は薬物を排除しようって思っているのかなってちょっと」と繰り返していた。