サバンナ・高橋「お金貰ったと認めると解雇につながる、怖いって気持ちわかる」

「バイキング」でサバンナの高橋茂雄が闇営業問題に言及 「怖い気持ちはわかります」

記事まとめ

  • 「バイキング」が闇営業問題で宮迫博之、田村亮が謹慎処分になったことについて特集
  • サバンナの高橋茂雄は保身という言葉に「怖いって気持ちはわかります」と心情を察した
  • 「(カラテカ)入江がすごいスピードで解雇されたので」とその影響にも言及した

サバンナ・高橋「お金貰ったと認めると解雇につながる、怖いって気持ちわかる」

サバンナ・高橋「お金貰ったと認めると解雇につながる、怖いって気持ちわかる」

「サバンナ」の高橋茂雄

 25日放送のフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)で、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力の会合に出演していた「闇営業」問題で、金銭の受け取りがあったことを認め吉本興業が「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)ら11人を当面、謹慎処分にしたことについて特集した。

 同じ吉本に所属する「サバンナ」の高橋茂雄(43)は「気持ちを思うと、保身という言い方をしていましたけど。今回、(カラテカ)入江がすごいスピードで解雇されたので、お金を貰ったと認めてしまうことが、自分の解雇につながる、怖いって気持ちはわかりますけどね」と心情を察した。

 「フライデーの記事が出る前に、入江が解雇されるってニュースが出たじゃないですか」とした上で、「前例があるケースじゃないので、どこが解雇のラインなのかがみんなわからないと思うんですよね。そうなった時に自分がお金を貰ったとちゃんと伝えられなかった。まさに保身につながってしまったのかと思います」と話した。