ディエゴ・加藤・マラドーナ、闇営業芸人と誤報道され困惑「起きてはならないこと」

ディエゴ・加藤・マラドーナ、闇営業で謹慎処分の芸人とテレビ番組に誤報道され困惑

記事まとめ

  • 「闇営業」問題で、吉本興業が雨上がり決死隊・宮迫博之ら11人を謹慎処分にすると発表
  • ディエゴ・加藤・マラドーナは、某局の報道番組で自身の名前が誤報道されたことを報告
  • 処分のストロベビー・ディエゴをディエゴ・加藤・マラドーナと誤報道しネットで話題に

ディエゴ・加藤・マラドーナ、闇営業芸人と誤報道され困惑「起きてはならないこと」

ディエゴ・加藤・マラドーナ、闇営業芸人と誤報道され困惑「起きてはならないこと」

ディエゴ・加藤・マラドーナ

 お笑いタレントのディエゴ・加藤・マラドーナ(38)が26日までに自身のブログを更新。特殊詐欺グループとされる反社会的勢力の会合にタレントが出演していた「闇営業」問題で吉本興業が「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)ら11人の所属タレントを当面、謹慎処分とすることを発表した問題で、自身の名前が誤報道されたことに「決して起きてはならないこと」と遺憾の意を示した。

 加藤は25日夜に「誤報道によるお知らせ」のタイトルで記事をアップし、「昨日、某局の報道番組で芸人11人の謹慎処分で僕の名前が誤報道されるということが起きました」と報告。「SNSでも「えっ?ディエゴ加藤が?」という驚かれた方も実際おりましてその誤報道は所属する事務所『コネクト株式会社』の報告で知りました。報道した某局が誤報道という事実に気付き早急に所属事務所に連絡を入れこの報道に至るまでの経緯と謝罪の連絡があったようです」と明かした。

 その上で「そして今日の生放送で前日の誤報道に対するお詫びと訂正を放送していただきました」と番組で訂正報道があったことを説明。「報道は正確なニュースや情報を伝える番組という認識だと思いますが事実と異なる名前を放送してしまうのは僕に限らず決して起きてはならないことだと思います」と訴え、「今回のことに関して某局と所属事務所を通じ解決に対する話し合いも進み今後の再発防止も約束してくれました。僕自身、ディエゴ・加藤・マラドーナとしてこれからもたくさんの方たちと関わって活動していきますのでどうぞ今後ともよろしくお願いいたします」とつづった。

 処分となったのは宮迫、田村亮、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(45)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、ザ・パンチのパンチ浜崎(38)、「2700」、ストロベビー・ディエゴ(41)の11人。

 一部テレビ番組でストロベビー・ディエゴをディエゴ・加藤・マラドーナと誤って放送したことがネット上でも話題になっていた。加藤は横浜マリノスのユースに所属し、高校サッカーの名門・帝京高で全国大会準優勝を経験。サッカー経験を生かし、「炎の体育会TV」などに出演している。