ハリー杉山、八村塁の“会話力”を絶賛「3年の英語でギャグ言って笑いを取っている」

NBAドラフトで日本人初の快挙、八村塁をハリー杉山が絶賛 「3年の英語力でそんな事」

記事まとめ

  • NBAドラフトで日本人初の1巡目9位指名を受けた八村塁を、『ノンストップ!』が報じた
  • ハリー杉山は会見でギャグを言う八村について「3年の英語力でそんな事できる」と絶賛
  • また、杉山は八村の人柄について「とにかくチャーミングでナイスガイ」と、紹介した

ハリー杉山、八村塁の“会話力”を絶賛「3年の英語でギャグ言って笑いを取っている」

ハリー杉山、八村塁の“会話力”を絶賛「3年の英語でギャグ言って笑いを取っている」

ハリー杉山

 26日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月〜金曜・前9時50分)では、NBAドラフトで日本人初の1巡目全体9位でウィザーズから指名を受けた八村塁(21)について伝えた。

 ドラフト当日に八村に中継でインタビューをした番組コーナー「NONSTOP!タブロイド」を担当するハリー杉山(34)は、八村の魅力について「とにかくチャーミング。そしてナイスガイで、ワシントンDCは彼の人柄にほれている」と紹介した。

 そして、八村の会話力にも注目。「すごいのが大学向こう(アメリカ)に行って、1年目はほとんど英語をしゃべれなかった。3年で完璧なネイティブな英語をしゃべれるようになった。先日の記者会見でもギャグとか言って笑いを取っている。3年の英語力でそんなことできるのか」と“会話力”に驚きを語り、今後の活躍に期待した。

 バスケットボール日本代表は、強化試合と東京五輪のテストマッチとして、8月12日に千葉ポートアリーナで世界ランク38位のニュージーランド(17時開始)、8月22日に同5位のアルゼンチン(19時開始)、24日に同22位のドイツ(15時開始)、25日に同51位のチュニジア(15時開始)とさいたまスーパーアリーナで対決する。交渉がうまくいけば、NBA選手となった八村の凱旋(がいせん)試合となる予定だ。