渡辺満里奈、“闇営業”問題に「うそをついて切り抜けられることって本当にない」

渡辺満里奈、『ひるおび!』で宮迫博之、田村亮らによる"闇営業" 問題について言及

記事まとめ

  • 『ひるおび!』で"闇営業"で出演したとして吉本興業から謹慎処分となった問題を伝えた
  • 渡辺満里奈は「うそをついて、それを切り抜けられることってないと思う」と指摘した
  • 加藤浩次は『スッキリ』で闇営業をした芸人を擁護する発言をしていたことを謝罪した

渡辺満里奈、“闇営業”問題に「うそをついて切り抜けられることって本当にない」

渡辺満里奈、“闇営業”問題に「うそをついて切り抜けられることって本当にない」

渡辺満里奈

 26日放送のTBS系「ひるおび!」(月〜金曜・前10時25分)では、大規模詐欺グループの会合に「闇営業」で出演したとして吉本興業から謹慎処分となった「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)ら11人の問題について伝えた。

 コメンテーターを務めるタレントの渡辺満里奈(48)は、当該タレントらが「ノーギャラ」と発言していたことを問題視。「うそをついて、それを切り抜けられることって、本当にないと思う。いつか追い詰められて、自分がうそを突き続けているという気持ちをずっと持っていなければいけない。こんなに大ごとになると思わなかったんだったら、正直に言うべきだった」と指摘した。

 同じ吉本所属の加藤浩次(50)は25日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月〜金曜・前8時)で、闇営業をしていた芸人を擁護するような発言をしていたことを謝罪。テレビ各局は当該者の「出演場面カット」など対応に追われ、騒動は波紋を呼んでいる。