紺野あさ美さん、プロ野球選手の夫を支える全13品料理をテレビで公開…保田圭が「いくらでも食べられる」と味を絶賛

紺野あさ美が作った、プロ野球選手の夫の体作りを支える料理を保田圭が絶賛

記事まとめ

  • 元モーニング娘。の紺野あさ美は、17年1月にヤクルトスワローズの杉浦稔大投手と結婚
  • 紺野が夫の体作りを支える料理を保田圭が取材、料理を試食し「おいしい」と絶賛
  • 紺野は全13品目を作り「アボカドとミニトマトのサラダ」などサラダだけで5品目作った

紺野あさ美さん、プロ野球選手の夫を支える全13品料理をテレビで公開…保田圭が「いくらでも食べられる」と味を絶賛

紺野あさ美さん、プロ野球選手の夫を支える全13品料理をテレビで公開…保田圭が「いくらでも食べられる」と味を絶賛

紺野あさ美さん

 元モーニング娘。でテレビ東京アナウンサーとして活躍した紺野あさ美さん(32)が、26日に放送されたTBS系「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」(後7時)に登場した。

 紺野さんは17年1月にヤクルトスワローズ(当時)の杉浦稔大投手と結婚。同年7月に2人の地元でもある北海道に本拠を置く日本ハムファイターズに移籍し、生活の拠点も北の大地に移した。

 番組では紺野さんが作り、夫の体作りを支える料理に注目。普段はネットスーパーを使うこともあるが、番組の取材を受けた日は「直接食材を見たい」と地元のスーパーへ行き、野菜や鳥ムネ肉などを購入した。

 そして「アボカドとミニトマトのサラダ」「パプリカとブロッコリーの温野菜サラダ」「クレソンと豆腐のサラダ」「北海道産北海シマエビ春雨サラダ」「極太ゆでアスパラ」と、サラダだけで5品目。さらに紺野さんオリジナルの「ネギ塩だれ」をかけた、夫の大好物だという「鳥ハムネギ塩だれ」、「豚肉のプルコギ」、「サケのちゃんちゃん焼き」「じゃがいもの豆乳入りグラン」「カボチャの煮物」「三十雑穀米」「みそ汁」「季節のフルーツ」の全13品目を作った。

 リポーターとして訪れた保田圭は「住宅展示場のような、すごいスタイリッシュなおうち」と家の様子に感激。そして紺野が作った料理を試食すると、「豚肉のプルコギ」は「おいしい。柔らかい」。「鳥ハムネギ塩だれ」も「さっぱりしていて、これいくらでも食べられる」と感想を口にしていた。

 紺野さんは、普段から自身のインスタグラムでも手料理の様子を公開している。放送前日の25日にも全11品の料理を公開。ファンからは「すごいね!よくそんなに作れるね!」といったコメントが寄せられていた。