東国原英夫氏、相次ぐ吉本所属芸人の反社会的勢力の会合出席に「厳密には取り締まりはできないことを世間はライン引きしないと」

東国原英夫氏が"闇営業問題"について指摘 「世間はライン引きしないとキリがない」

記事まとめ

  • 「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」がスリムクラブへの無期限謹慎処分発表を速報した
  • 東国原英夫氏は「政治の世界も大変」「いろんなところの会合に呼ばれる」と話した
  • また「世間はライン引きしないとキリがない」と指摘していた

東国原英夫氏、相次ぐ吉本所属芸人の反社会的勢力の会合出席に「厳密には取り締まりはできないことを世間はライン引きしないと」

東国原英夫氏、相次ぐ吉本所属芸人の反社会的勢力の会合出席に「厳密には取り締まりはできないことを世間はライン引きしないと」

東国原英夫氏

 27日放送のTBS系「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!」(月〜金曜・後1時55分)で吉本興業が暴力団関係者の会合での「闇営業」でギャラを受け取っていたとして、所属するお笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田賢(43)と内間政成(43)を無期限謹慎処分にすると発表したことを速報した。

 番組では、吉本興業が所属タレントに対しコンプライアンス研修を徹底していることを紹介。コメンテーターで元宮崎県知事の東国原英夫氏は、吉本所属タレントで相次ぐ問題発覚に「タレントさんとか芸能界に限らず政治の世界も大変なんですよ。政治資金パーティーにこういう方達がいらっしゃる可能性もゼロではないんです。いろんなところの会合に呼ばれますから。それを言い出したらキリがないんでね。どの辺にラインを引くかって社会的にね。吉本さんの取り組みは評価できますよ。ある程度、厳密には取り締まりはできないというところを世間はライン引きしないとキリがないですよ」と指摘していた。