明石家さんま、吉本社長にギャラUP交渉していた…闇営業受け「ギャラさえ上げれば、ああいう仕事も行かなくて済む」

明石家さんま闇営業問題について解決法を指摘"ギャラさえ上げれば行かなくて済む"

記事まとめ

  • 明石家さんまが闇営業問題について述べ、ギャラアップを頼んでいたことを告白
  • 「ギャラさえ上げれば、ああいう仕事も行かなくて済む」と抜本的な解決を望んだ
  • 入江慎也が「『お願いします』って言うてたら(闇営業に)行ってた」と話した

明石家さんま、吉本社長にギャラUP交渉していた…闇営業受け「ギャラさえ上げれば、ああいう仕事も行かなくて済む」

明石家さんま、吉本社長にギャラUP交渉していた…闇営業受け「ギャラさえ上げれば、ああいう仕事も行かなくて済む」

明石家さんま

 タレントの明石家さんま(63)は、吉本芸人が大規模詐欺グループから闇営業で金銭を受け取った問題について、29日に放送されたMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(後10時)で、吉本の社長に芸人のギャラアップを頼んでいたことを告白。「ギャラさえ上げれば、ああいう仕事も行かなくて済む」と抜本的な解決法を望んだ。

 さんまは、事務所から契約を解消されたカラテカ・入江慎也(42)について、「入江にはすごく世話になっているので、入江が『さんまさん、お願いします』って言うてたら、俺は絶対に(闇営業に)行ってたよ」と語った。

 入江にはサッカー・フランスリーグのパリSGとマイケル・ジョーダンがコラボしたファッションブランドのパーカやトレーナーなどの入手を頼んだという。「それがもし、その人(反社会勢力)らのルートなら、僕、謹慎します。その人らから手に入れたのならアカンよな」と胸中を明かした。

 さらに「中堅の人たちから前から言われているんですよ。『ギャラ上げてほしい』って、さんまさんから言ってもらえませんかと。社長には言ったことあるんです。『もうちょっとギャラ上げたってくれ』と。ギャラさえ上げれば、ああいう仕事も行かなくて済むんですよ」と話していた。