スリムクラブらに仕事紹介のバンドー太郎、会見で謝罪「安易な考えで誘ってしまった」

闇営業仲介でバンドー太郎が謝罪 反社会的勢力の会合にスリムクラブと2700誘う

記事まとめ

  • 反社会的勢力の会合に出演したとして、スリムクラブと2700が無期限謹慎となった
  • 仕事を仲介したバンドー太郎は会見で「安易な考えで誘ってしまい申し訳ない」と謝罪
  • 反社会的勢力だと気付かず、暴力団幹部は名前も連絡先も知らない人だったと釈明した

スリムクラブらに仕事紹介のバンドー太郎、会見で謝罪「安易な考えで誘ってしまった」

スリムクラブらに仕事紹介のバンドー太郎、会見で謝罪「安易な考えで誘ってしまった」

謝罪文を読み上げるバンドー太郎

 反社会的勢力の会合に出演したとして、お笑いコンビ「スリムクラブ」「2700」が所属する吉本興業から無期限謹慎の処分を受けた問題で、タレント・バンドー太郎(48)が30日、都内で会見し、2組に仕事を仲介したことを謝罪した。

 バンドーは会見冒頭で手紙を読み上げ、経緯を説明。数年前に何度か仕事を紹介されていた建築会社社長の実兄の誕生日パーティーに出演してほしいという依頼を受け、2組に仕事を仲介した。かつて営業で2組と共演した際に「何かあったら仕事をください」と言われ、「(事務所を通さない形で)直接大丈夫なの?」と確認したうえで仕事をあっせんし、当日は30万円のギャラを3等分したという。

 バンドーは「普通の一般的なアットホームなパーティー。(反社会的勢力だと)全く気付くことができなかった(暴力団幹部は)名前も連絡先も知らない人」と説明。「ダマしたわけじゃなくて、僕も分からなかった。安易な考えで誘ってしまい申し訳ない」と頭を下げた。スリムクラブらに対しても「なるべく早く復活してもらえたら。僕もできることがあれば応援したい」と早期復帰を願った。