春風亭昇太が電撃婚発表「笑点」視聴率は16・3%…先週から0・7ポイント微減

NHK大河ドラマ『いだてん』第2部初回の平均視聴率は8.6% 20週連続の1桁台

記事まとめ

  • NHK大河ドラマ『いだてん』第2部初回が放送され、平均視聴率は8.6%だった
  • 第1話の視聴率は『西郷どん』を上回ったが、これで20週連続の1桁台となっている
  • 同作は中村勘九郎と阿部サダヲが主演を務め、宮藤官九郎氏が脚本を手掛けている

春風亭昇太が電撃婚発表「笑点」視聴率は16・3%…先週から0・7ポイント微減

春風亭昇太が電撃婚発表「笑点」視聴率は16・3%…先週から0・7ポイント微減

春風亭昇太

 6月30日放送の日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)の平均視聴率が16・3%だったことが1日分かった。前回17・0%から0・7ポイント微減した。

 今回は放送前に番組公式フェイスブックで「【本日の笑点】は、なんと!番組の一部を生放送。皆さまに重大なお知らせがあります」と告知。

 番組の最後に6代目司会を務める落語家の春風亭昇太(59)が「春風亭昇太、59歳。ついに、ついに結婚することになりました」と報告した。

 お相手は専門学校の事務職の40歳。昇太は、「笑点」に続く「真相報道バンキシャ!」にも出演し「大きかったのは独身ネタ。笑っていただけるけど、『いつまでやってんだ、春風亭昇太』って。独身ネタに飽きていた。そればかり言っている自分に飽きていた」と明かした。

 「笑点」は視聴率20%を上回ることも多い人気番組。林家三平(48)が大喜利新メンバーとしてお披露目され、林家たい平(54)が夏放送の同局系「24時間テレビ39」のチャリティーマラソンランナーを務めることが発表された2016年5月29日放送回では、歴代最高を6年半ぶりに更新する28・1%を記録している。

 昨年7月2日に死去した落語家の桂歌丸さん(享年81)の肩書きはこれまでの「終身名誉司会」から「永世名誉司会」に変更された。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ