加藤浩次、松本人志と意見は「分かれてない。お互い会社が良くなるために言ってる」

【闇営業問題】極楽とんぼ加藤浩次が松本人志との意見の違いに「分れていない」と回答

記事まとめ

  • 宮迫博之と田村亮のパワハラ告発をめぐり、加藤浩次は吉本興業退社を示唆している
  • 加藤浩次は日本テレビ系『スッキリ』で大崎洋会長と会談したが平行線のままと述べた
  • また、加藤浩次は取材で松本人志との意見の違いを聞かれ、「分れていない」と回答した

加藤浩次、松本人志と意見は「分かれてない。お互い会社が良くなるために言ってる」

加藤浩次、松本人志と意見は「分かれてない。お互い会社が良くなるために言ってる」

加藤浩次

 吉本興業の大崎洋会長(65)と緊急会談したことを日本テレビ系情報番組「スッキリ」で報告したお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が24日夜、都内で取材に応じ、同社経営陣と話し合いを続けることを改めて明言した。

 加藤は、宮迫博之(49)と田村亮(47)が詐欺グループから金銭授受を受けていたことの謝罪会見で、岡本昭彦社長(52)のパワハラ言動を告発したことを受け、大崎会長と岡本社長が退陣しなければ、「吉本をやめる」と宣言。23日、大崎会長と3時間話し合ったが、折り合いがつかず、話は「平行線」をたどった。この日放送の「スッキリ」では、「結果として一回、大崎会長が持ち帰らせてくれとなって、まだ平行線のままということです。これからさらに話す機会を持ちながらどういうことになっていくのか」と話していた。

 この日夜、仕事を終えて帰宅した加藤は、集まった報道陣の質問に一つ一つ丁寧に回答。「次、いつ経営陣と話し合うか?」と問われると、「スケジュールが合ってない。そこを合わせている最中」。さらに、岡本社長とは現段階で話し合いの場は設けられていないことも明かした。今後も話し合いを続けていくかについては「当然」と力を込めた。

 大崎会長と岡本社長が以前マネジャーを務めていた「ダウンタウン」の松本人志(55)は、大崎会長が辞任したら自らも吉本を退社することを示唆している。松本との意見の違いを聞かれると、「(意見は)分かれていない」とし、「お互い会社が良くなるために言っている」と前向きにコメントした。