古市憲寿氏、三浦瑠麗氏は「人のことをバカにする顔がうまいんで議論に勝ってるようにみえる」

古市憲寿氏が国際政治学者の三浦瑠麗氏を分析「人のことをバカにする顔がすごく上手」

記事まとめ

  • 国際政治学者の三浦瑠麗氏が「ダウンタウンなう」の企画「本音でハシゴ酒」に出演した
  • 社会学者の古市憲寿氏がビデオで登場し、三浦氏について「顔芸がすごいうまい」と発言
  • 「すごいフィクサー」、「安藤優子さんみたいになりたいんじゃないか」と分析した

古市憲寿氏、三浦瑠麗氏は「人のことをバカにする顔がうまいんで議論に勝ってるようにみえる」

古市憲寿氏、三浦瑠麗氏は「人のことをバカにする顔がうまいんで議論に勝ってるようにみえる」

三浦瑠麗氏

 国際政治学者の三浦瑠麗氏(38)が2日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演した。

 談笑中、三浦氏の友人で社会学者の古市憲寿氏(34)がビデオで登場。三浦氏について「自然に偉そうじゃないですか」と切り出し「顔芸がすごいうまいんですよ。人のことをバカにする顔がすごく上手で、討論番組とかでも、三浦さん、議論で負けてるんじゃないかと思うときでも、人のことをバカにするような顔がうまいんで、三浦さんが勝ってるようにみえるんですよ」と独自の見方を示した。

 さらに「(三浦氏は)一般庶民のことを『民(たみ)』って呼んだり、目線が政治家よりもはるかに上なんです。ものすごい上から目線で、天から見てて、この前、三浦さんと対談したときに上下白いパンツスーツで現れて、ついに出馬すんのかみたいな感じで思ってたら、政治家にはならないって言ってて、確かに政治家にはならないっぽいんですけど、ただ、けっこう偉い政治家たちと一緒に、次の選挙の候補者、誰にしようとか議論している。政治家にはならないけれど、すごいフィクサー」「本人は否定するかもしれないけど、出たがりですよね。たぶん帯(帯番組のレギュラー)を狙ってると思う。安藤優子さんみたいになりたいんじゃないか」と暴露話を続けた。

 三浦氏は「古市くん、全然バカにしてないんですよ」と否定したが、同局系「ワイドナショー」で共演しているダウンタウンの松本人志から「そもそも人のこと、バカにしているんですか?」と聞かれると「バカなこと言うなーとか、違うのになーとか思いますよ」と答え、松本を戸惑わせた。

 「民」という言葉については「市民っていう言葉が好きじゃないかもしれない。民衆とか国民とか民とか…。権力に対峙する私たち弱者みたいなこと思ってないから、そう言っているのかもしれない」と三浦氏は説明した。

 「帯番組を狙っている」という指摘には「古市くん、いろいろデマを流す。坂上さんの番組にちょいちょい呼んでいただけるだけでいいです」と答えた。