松本人志、NSCの夏合宿に憤慨…「講師ってどこのどいつやねん。スーパーくそ面白くないヤツやと思う」

ダウンタウン松本人志がフジテレビ系「ワイドナショー」で吉本興業NSC合宿に言及

記事まとめ

  • 吉本興業がNSC合宿参加希望者に「死亡しても責任は負わない」誓約書への署名を要求
  • ダウンタウンの松本人志はフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、合宿に言及した
  • 「講師ってどこのどいつやねん。スーパーくそ面白くないヤツやと思う」と話した

松本人志、NSCの夏合宿に憤慨…「講師ってどこのどいつやねん。スーパーくそ面白くないヤツやと思う」

松本人志、NSCの夏合宿に憤慨…「講師ってどこのどいつやねん。スーパーくそ面白くないヤツやと思う」

松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志(55)が4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。吉本興業が、同社のタレント養成所「NSC」の合宿参加希望者に対し、「合宿中に死亡しても(吉本興業は)責任は負わない」などと同社への免責事項を盛り込んだ誓約書への署名を求めていたことに「そんな過酷な夏合宿、たぶんオレが行っても面白いことは言えないでしょうね。怖いですね」とコメントした

 吉本興業は「免責事項の記載は手違いによるもの」と説明している。吉本興業によると、合宿は毎年、静岡県掛川市で開かれる「NSCお笑い夏合宿」。2017〜19年の参加者の誓約書に、時間厳守や飲酒・喫煙の禁止に加え、合宿中の負傷や後遺症、死亡した場合にも吉本興業に対し責任を問えないなどとする免責事項が記載。さらに、トラブルへの賠償請求などもできないと書かれていた。

 同社によると、13年に専門家から免責事項などが不適切との指摘を受け、翌14年の誓約書から文言を削除していたが、「手違いで、17年から従来の記述に戻った」としている。今年の参加希望者に配布後、内容が13年時に戻っていることに気づいた。既に修正し「今年の参加希望者には説明している」という。

 松本は、参加費が高額だと指摘し「お笑いはそういうものじゃないって本当に分かってもらいたいですね。家でもできるし、家でテレビつけっぱなしでずっと突っ込んでいても勉強になるし。何をやってるのなかなぁ。講師ってどこのどいつやねん。スーパーくそ面白くないヤツやと思うんですよ」と不快感をあらわにし、合宿について「虎の穴的なジョークも入っているかもしれないんですけど、失敗しているんですよね」と指摘していた。