堀池アナ「期待に応えたい」…フジ新人の藤本万梨乃アナ&堀池亮介アナが朝の情報番組レギュラーに

堀池アナ「期待に応えたい」…フジ新人の藤本万梨乃アナ&堀池亮介アナが朝の情報番組レギュラーに

「とくダネ!」に出演する堀池アナ(左)と、「めざましテレビ」に出演する藤本アナ(C)フジテレビ

 今年4月にフジテレビに入社した藤本万梨乃アナ(23)、堀池亮介アナ(23)の初レギュラーが、30日から同局系「めざましテレビ」(月〜金曜・前5時25分)、「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)に、それぞれ出演することになった。

 今年で25周年を迎える「めざましテレビ」に出演する藤本アナは、フィールドキャスターとして日々さまざまな現場に出て取材し、生の声をリポート、「現場でたくさんのことを勉強したいです。体力作りも頑張ります」と意気込みを語る。

 一方、21年目を迎えた「とくダネ!」に出演する堀池アナは、プレゼンターとして月曜から水曜を担当。政治・経済、事件など注目の話題からスポーツ、エンタメまで幅広く伝えていく。この番組は昨年に放送5000回を突破した長寿番組で、MCでフリーアナウンサーの小倉智昭氏(72)との化学反応にも期待される。

 同期入社の新人2人が「めざましテレビ」、「とくダネ!」と、連続した朝の情報番組に登場することとなる。藤本アナは「新人アナウンサーがそろって情報番組に出演するということで、堀池アナにしっかりバトンを渡せるように頑張りたいと思います」とコメント。対して堀池アナも「藤本アナはしっかりバトンを持ってきてくれると思うので、それをちゃんと受け取って走り抜けていけたら」と返した。

 藤本アナは「めざましテレビ」へのレギュラー出演が決まり「うれしかったです。『めざましテレビ』は目標にしていた番組ですし、“ニュースに携わるアナウンサーになりたい”とも思っていたので、フィールドキャスターという役割はまさに自分にとっていいとこ取りだなと思いました」とコメント。さらに目指すアナウンサー像について「番組ではニュースをリポートする立場です。視聴者の皆さんに“このニュースってこういうことだったんだ”と分かりやすく伝えられるアナウンサーになりたいと思います。きりっとした一面が見せられたら」としたうえで、「見ている方に“しっかりしているな”と思っていただけるように、日々精進します。堀池アナにしっかりバトンを渡せるよう、新人らしくフレッシュに頑張りたいです」と意気込みを語った。

 堀池アナは今回の決定に「びっくりしました。ニュースの現場で取材をして、それをスタジオでプレゼンする“プレゼンター”という役割を任されると伝えられて、“大役を任されたな”という驚きがありました」と振り返り、「自分のプレゼン次第で、視聴者の皆さんへの伝わり方が大きく変わってくると思います。その責任感を持ちつつ、しっかり勉強して、正しい情報を伝えられるアナウンサーになりたいです」と覚悟を口にした。そして「藤本アナが『めざましテレビ』で、僕が『とくダネ!』と、同期2人がそろって朝の情報番組に出演することになります」としたうえで「藤本アナから受け取ったバトンを落とさず、しっかりつないでいけるよう、一生懸命頑張ります。小倉さんからも“番組で花開くように”と激励されたので、その期待に応えたいです」とコメントした。