V6森田剛“サイモン戯曲”再挑戦…「FORTUNE」主演、ヒロインに吉岡里帆

V6森田剛“サイモン戯曲”再挑戦…「FORTUNE」主演、ヒロインに吉岡里帆

新作舞台で共演する森田剛、吉岡里帆

 V6の森田剛(40)が、英劇作家サイモン・スティーヴンス氏の新作で英国に先駆けて世界初上演となる舞台「FORTUNE(フォーチュン)」(来年1月14日開幕、東京芸術劇場プレイハウスなど)に主演することが16日、発表された。恋人や財産、名誉と望むもの全てを手に入れるために悪魔と契約を結び、闇へと堕(お)ちていく映画監督を演じる。

 森田は、2014年に同氏の代表作の舞台「夜中に犬に起こった奇妙な事件」に主演し、アスペルガー症候群の15歳の少年を見事に演じきった。「サイモンの戯曲は精神的に強く揺さぶられる。前回とても苦しんだことも思い出し、そこにまた飛び込むことに勇気が要りました。同時に、幕が開いた瞬間、なぜかすべて報われた感覚も経験した。今はそれをもう一度、味わってみたいという気持ち」と意気込んだ。

 主人公が思いを寄せるヒロインは吉岡里帆(26)が演じる。吉岡は「大きな舞台への出演は初めて。知らないことが多く、スポンジ状態の今だからこそ、作品づくりを通じて新しい価値観を受けられる。とても幸運ですし、役者冥利に尽きます」と上演を心待ちにした。