元NGT48山口真帆が暴行を受けた事件 被告側は「顔をつかんでいない」と反論

記事まとめ

  • 元NGT48山口真帆が暴行を受けた事件で、民事訴訟の進行協議が行われた
  • AKS側の弁護士によると、被告側は「顔をつかんでいない」と反論したという
  • 弁護士は「新しい事実があるなら客観的証拠を出してほしい」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております