堀ちえみ、夫への事実無根の書き込みに法的手段検討「警察署に名誉毀損など被害届に関する相談に行って来ました」

堀ちえみが自身のブログを更新 夫への事実無根の書き込み拡散に対し法的手段検討も

記事まとめ

  • 2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けた堀ちえみが2日、自身のブログを更新した
  • ネット上に家族への事実無根の書き込みが拡散、警察署に名誉毀損など被害届の相談も
  • 誤った情報が拡散したため夫が警察署に行き、ドライブレコーダーの記録など提出も

堀ちえみ、夫への事実無根の書き込みに法的手段検討「警察署に名誉毀損など被害届に関する相談に行って来ました」

堀ちえみ、夫への事実無根の書き込みに法的手段検討「警察署に名誉毀損など被害届に関する相談に行って来ました」

堀ちえみ

 2月にステージ4の舌がん、4月に初期の食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が2日、自身のブログを更新。ネット上に家族への事実無根の書き込みが拡散したことに対し、警察署に名誉毀損など被害届の相談をしたことを明かした。

 堀は「大変心を痛めていること」という題名でエントリー。9月29日に投稿した記事で「主人が飲酒運転をしたかの様な、ネット上の書き込みが拡散しています」とした上で「日頃から主人は決してそのような行為は、致しておりません」とつづった。

 当時の状況について「主人はお酒を飲んだので、私が運転を代わって、子供と一緒に自宅に戻ったという事です」と説明した。

 誤った情報が拡散したため「先程 主人が最寄りの警察署に行き、事実無根の記事をあげたネットニュース、ネットで拡散した方々に対しての、名誉毀損など被害届に関する相談に、行って来ました」と今後、法的手段も検討しているとした。

 「家の駐車場の防犯カメラの映像、及びドライブレコーダーの記録も持って行き、警察で確認して頂きました」と証拠も提出済み。「警察署の担当の方も、とても丁寧に対応をして下さり、感謝致しております」と警察署の対処にお礼の言葉を記した。