堀ちえみ、病気公表後初登場…書面で「歌いたい」舌のリハビリ中でトークなし

堀ちえみ、病気公表後初登場…書面で「歌いたい」舌のリハビリ中でトークなし

病気を公表後初めてファンの前に登場した堀ちえみ

 今年2月に口腔(こうくう)がん(舌がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で闘病生活をつづったエッセー「Stage For〜 舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」(扶桑社)の発売イベントを行い、病気を公表後初めてファンの前に登場した。

 白のワンピース姿で登壇し、以前と変わらない笑みを浮かべながら報道陣のフラッシュを浴びた。小声で「はい」などの返事をする場面はあったが、舌のリハビリ中のため、質疑応答やトークはなし。報道陣に自筆の書面が配布され、「この病気をして失ったものは沢山ありました。でも実際には、得たものも沢山あったのではないかと…そんな気持ちです」とコメントした。

 100人のファンに一人ずつ丁寧にサインをして握手を交わした。中にはデビュー当時のレコードを持参した熱心なファンの姿も。リハビリは2週間に1回、言語聴覚士の専門家から指導を受け、月1回のボイストレーニングも実施。日常会話には支障がなく、打ち合わせなどは地声で行っているという。「まだタレントとして、カメラの前で話すことは難しい」という本人のプロ意識で、この日は書面での対応となった。

 タイトルの「Stage For―」には、がんの進行度を示す数字4と、自身が「ファンのために再びステージに立ちたい」という思いをかけたもの。今後は「やはり歌いたい。歌えるようになったら、デビュー40周年記念のライブをやりたい」と意欲を見せている。

 記念ライブはもともと予定されていたが、手術前にいったん諦めたという。2022年に迎えるデビュー40周年に向けて「リハビリに励んで『絶対に実現させる!』という夢に向かって頑張っています」と宣言。力強く前を見据えている。

 ◆堀ちえみの闘病の経緯

 ▼2018年夏 口内炎が気になり、診察を受けたが、がんとは診断されず。

 ▼2019年1月 スマホで「口腔がん」を検索すると、同じような画像を何枚も発見し、大学病院へ。その場で「悪性の舌がんの可能性が高い」と診断。

 ▼2月4日 検査入院を経て舌がんのステージ4と診断。

 ▼同19日 ブログで病気を公表。

 ▼同22日 11時間にわたり舌の6割以上とリンパ節を切除、太ももの組織を移植する手術。

 ▼4月15日 食道がんが発覚。当初はステージ1と診断されたが、後の検査で進行度の低いステージ0と判明。

 ▼同16日 1時間程度、食道がんの腫瘍を切除する内視鏡手術。