松本人志、「クレイジージャーニー」放送終了受け「全てがヤラセだったと誤解しないで下さい」

松本人志、「クレイジージャーニー」放送終了受け「全てがヤラセだったと誤解しないで下さい」

松本人志

 ダウンタウンの松本人志(56)が21日、自身のツイッターを更新。自身がMCを務めたTBS系「クレイジージャーニー」の放送終了を受けてコメントした。

 「ひとつ お願いがあります」と切り出した松本は「全てのクレイジージャーニーがヤラセだったと誤解しないで下さい。あの番組ではマジの素晴らしいクレイジージャーニー達とたくさん出会えました」と番組への思いをつづった。

 続けて「そして設楽(統)や小池(栄子)とまた一緒に仕事したいです。願いがふたつになってしまいました」とともにMCを担当した2人との共演を願った。

 TBSは同日、放送を休止していた「消えた天才」と「クレイジージャーニー」の2番組の放送終了を発表。「クレイジージャーニー」については「爬虫類ハンター企画で、計15種類の生物を事前に準備し、捕獲シーンを撮影していたことを9月11日に公表しました。その後も調査を続けてきましたが、同様の手法は、それ以外には、確認されませんでした」とした。