叶姉妹、ハロウィンのコスプレを“自粛” 被災地に配慮「そのような気持ちになれず…」

叶姉妹、ハロウィンのコスプレを“自粛” 被災地に配慮「そのような気持ちになれず…」

叶姉妹の姉・恭子(左)と妹の・美香

 タレントの叶姉妹が31日までに自身のブログを更新。相次ぐ台風被害などを踏まえ、今年のハロウィンのコスプレを見送ったことを明かした。

 妹の美香は「私達の愛する大切な皆さんごきげんいかがでしょうか さて、実はハロウィンの日にファビュラスな姉と私は私の大好きな趣味のコスプレアートで、それぞれ念入り用意をしておりました」と切り出し、「姉はハーレクイン、私はジョーカー(なぜにジョーカー??とは思っておりましたが)と、違うパターンの、ファビュラスな姉のベルサイユのバラのオスカル、私はジョジョの奇妙な冒険のセッコ(なぜにィ〜??ハロウィンらしいですがなぜロザリーではなく…と思っておりましたが)」と説明。

 しかし「サプライズでUPする予定で衣装やメイクなど完璧な用意をしておりましたが、大自然の容赦ない大災害の被害に遭われて心身ともに不安な時間が今も続いていらっしゃる方々のお気持ちを感じますと、衣装やメイクなどの問題ではなく私達のテンションとしてそのような気持ちになれず…」とし、「また、違う機会にご紹介いたしますね」と公開を見送ったことを明かした。

 その上で「私達の愛する大切なすべての皆さんが、一日も早く穏やかな心で過ごされますよう姉も私も心から祈っております。くれぐれもご自愛くださいね」と呼びかけ、「これは、以前からの私達のコスプレアート特集ですが、少しでも癒しになってちょっとでも楽しんでいただけますと私達もとても嬉しいですよ」と峰不二子などに扮した過去のコスプレショットをアップした。

 これまでにも「ジョジョの奇妙な冒険」や「ワンピース」などのコスプレをSNSで公開し、その度に「美しすぎる」「完成度高い」と絶賛されている叶姉妹。

 ファンからは「優しいお心遣いありがとうございます」「準備されていたコスプレは別の機会に是非」「ニュースをみているとつらくなりますよね。もう少し落ち着いたら、ぜひ公開してください」「被災して心がふさぎ込んでいるので、できれば華やかなコスプレ写真を拝めればそれだけでも癒されます」などの声が寄せられている。