宝塚宙組・風色日向が初センター「真っ白」から「温かなオレンジ色に」

宝塚宙組・風色日向が初センター「真っ白」から「温かなオレンジ色に」

兵庫・宝塚大劇場での「エル ハポン」新人公演を終え、舞台上で会見した宙組の風色日向(右)と花宮沙羅

 宝塚歌劇宙組ミュージカル「エル ハポン―イスパニアのサムライ―」の新人公演が3日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。

 入団4年目の第102期生・風色日向(かぜいろ・ひゅうが)が新人公演初主演。カーテンコールでは「舞台に立つということは大変な覚悟が必要ですが、それでもやっぱり舞台が大好きで、幸せだと改めて感じることができました」と、あいさつした。

 江戸時代初期に日本からイスパニア(スペイン)に渡った侍・蒲田治道が、さまざまな困難とぶつかる活劇。身長175センチの見栄えと、バランスのよさを生かして、落ち着いた演技を見せたが、風色は終演後「やっと終えたという感じ。ほとんど覚えていない。緊張して手も足も出ず、心臓バクバクでした」と悪戦苦闘した様子。それでも「スポットライトが当たった瞬間は、うれしかった。感動しました」とセンターの恩恵をかみしめた。

 芸名にひっかけて「センターから見た光景は何色?」との問いには「真っ白で何も見えなくて、怖いほどビックリしましたが、終演後は温かなオレンジ色を感じました」と笑顔で答えた。

 相手役は、同期の花宮沙羅(はなみや・さら)が新人公演初ヒロイン。治道が現地で出会うスペイン人女性カタリナを演じた。「オーシャンズ11」でエトワールを務めたほどの歌唱力と、りんとした演技を披露。「出番まで時間があったので、いろんなことを考えてしまい、自分で自分を緊張させてしまった」と明かしつつも「幸せな気持ちでいっぱいでした。銀橋ソロもゆっくり歩くことができました」と大役を果たして、安どの表情だった。

 東京での新人公演は来年1月23日。トップスター・真風涼帆に師事する夢色は「手取り足取り教えていただいていますが、それに甘えず、心を強く持って東京公演に臨みたい」と、さらなる前進を宣言。花宮は「せっかく同期なのでセリフのキャッチボールもデュエットも、もっと良くしたい」と話した。