阿部哲子アナ、過去の不倫涙の謝罪「本当に申し訳ありませんでした」1年半ぶり仕事復帰

フリーアナの阿部哲子が「バラいろダンディ」に生出演 過去の不倫をめぐり涙の謝罪

記事まとめ

  • フリーアナの阿部哲子が「バラいろダンディ」に生出演、1年半ぶりに仕事復帰し謝罪
  • 阿部アナは番組冒頭、目に涙をためながら「ざんげをさせていただきたい」と切り出した
  • 18年の活動休止前には梅沢富美男の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」で進行役も

阿部哲子アナ、過去の不倫涙の謝罪「本当に申し訳ありませんでした」1年半ぶり仕事復帰

阿部哲子アナ、過去の不倫涙の謝罪「本当に申し訳ありませんでした」1年半ぶり仕事復帰

阿部哲子アナ

 フリーアナウンサーの阿部哲子(41)が16日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜・後9時)に生出演。1年半ぶりに仕事復帰し涙の謝罪をした。

 番組冒頭、目に涙をためながら「ぼんやりさせちゃいけないので、ざんげをさせていただきたい」と切り出した阿部アナ。

 「以前、ご家庭のある方と交際をしてしまいまして、その方はおととし、病気で亡くなられたんですけれども、私はそのご家族を傷つけてしまったので、謹慎、反省をしようと仕事は全くやっていませんでした」と告白。「本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げて謝罪した。

 2018年10月の活動休止前には、同番組のアシスタントのほか、俳優・梅沢富美男(69)の冠番組「梅沢富美男のズバッと聞きます!」で進行役も務めていた。隣席の梅沢は「私の番組も一緒にやっていたんですよ。それも途中でこいつがいなくなって、『梅ズバ!』もなくなって。1年半、仕事もせずに謹慎していたわけですから、もういいんじゃないですか」とフォローした。