NEWS・手越祐也が活動自粛 度重なる“ステイホーム破り”でジャニーズ事務所が処分

ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所は26日、NEWSの手越祐也(32)を活動自粛処分にすると発表した。13日発売の「週刊文春」で、4月下旬に女性らとパーティーを開催していたことなどを報じられた後、23日には「文春オンライン」が、同日未明に再び宴席に繰り出す様子を報じた。ジャニーズは「弊社からの度重なる説明や要請にもかかわらず、緊急事態宣言期間中に新たな酒席への参加が確認されたこと等を踏まえまして、すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」とした。

 週刊誌報道後の15日には、ジャニーズが新型コロナウイルス感染拡大に伴うチャリティーで結成するユニット「Twenty★Twenty」(トニトニ)のメンバーから外れることが発表された。だが、再び“ステイホーム破り”が明らかになったのは23日未明のこと。20日には、増田貴久(33)とパーソナリティーを務めるMBSラジオ「テゴマスのらじお」を体調不良で欠席していたが、この日は朝5時半まで六本木で酒盛りする様子などが報じられた。

 ジャニーズは、事務所全体の取り組みとして社会貢献活動「Smile Up! Project」を積極的に展開。「ステイホーム」など感染拡大の取り組みを声高に訴え続けているだけに、発表文面の中で「日本全体で難局を乗り越えなければならないこのときに、日常の生活を取り戻したいと願う皆様の思いに反するような行動をとったことは到底許容できるものではございません」と厳しい言葉を並べた。

 自粛期間は未定。ジャニーズは、今後について「本人に反省を促し、所属事務所として真摯に向き合ってまいります」と再発防止に取り組む考え。「今回のことを生かして、弊社の所属タレントに対しましては、ジャニーズJr.として弊社に所属した段階から仕事を通じて社会人として成長できるよう、保護者と連携しながら適切な指導・マネージメントに努めてまいります。そして、本業であるエンターテイメントによる活動とSmile Up! Projectとして行っております支援活動にジャニーズグループ一丸となって取り組む姿勢をご覧いただくことで皆様に信頼していただけますよう、精進してまいります」とした。

関連記事(外部サイト)