中瀬ゆかりさん、ステイホーム中におすすめの「エンタメ番付」を発表「横綱は『THIS IS US』です」

中瀬ゆかりさん

 新潮社出版部長の中瀬ゆかりさん(55)が28日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜・後5時)にリモート出演した。

 6月3日が56歳の誕生日ということでリモート画面の中でスタジオのMC・ふかわりょう(45)から大きな花束を受け取った中瀬さん。この日は「中瀬親方のエンタメ番付」と題して、ステイホームが続く中、トップ編集者としての、おすすめ作品を紹介した。

 「関脇」には、はんざき朝未さんのお仕事漫画「無能の鷹」、「大関」には、沢木耕太郎さんの初の国内旅行エッセイ「旅のつばくろ」。そして、「横綱」には海外ドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」を選出した。

 「リモート中にこのドラマにハマりまくって」と、まず話した中瀬さん。「エミー賞とゴールデングローブ賞ダブル受賞の大ヒット作で現在、シーズン3まで放送されているんです。誕生日が同じ36歳の男女3人がいて。置かれた状況も性格も全く異なる彼らには実は誕生日以外にも共通点があったと。人生の壁を乗り越えるようとする中で、それぞれが大切なものを失って、見つけて、だんだん3人の運命の糸がたぐり寄せられていく物語です」と紹介した上で「本当に人間ドラマとして素晴らしい。一人ひとりのことがすごく丁寧に描かれていて、涙をふり絞る回もたくさんあります。誰に自分を投影するかでも見方が変わってくる。これほど面白い群像劇を見た喜びがあるし、脚本が素晴らしくて、シーズン3まで一気見です」と、熱く話していた。

関連記事(外部サイト)