坂上忍、木村花さんの訃報でフジテレビへ提言「検証も含めて、よりオープンに伝えていただきたい」

坂上忍

 29日放送のフジテレビ系「バイキング」(前11時55分)で、フジテレビが恋愛リアリティー番組「テラスハウス TOKYO 2019―2020」(月曜・深夜0時25分)が、出演者で女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が番組での言動に対する誹謗(ひぼう)中傷を苦に23日に自殺したとみられることを受け、制作、放送を中止することを報じた。

 フジテレビは「この度、番組に出演されていた、木村花さんがご逝去された事について、改めてお悔やみ申し上げます。またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します。尚『TERRACE HOUSE TOKYO2019―2020』に関しましては、今後の収録及び放送、FODでの配信を中止する事を決定致しました。この度のことを重く受け止め、今後も真摯(しんし)に対応して参りたいと考えております」とホームページで発表した。

 番組では約30分間今回の問題を特集しスタジオで出演者がSNSの誹謗中傷、リアリティーショーの番組制作などを議論した。MCの坂上忍は、今回の問題を報じたことに「僕は今日、ちょっとちゃんとした形でこのニュースをお伝えできたことでひとつほっとしてます」と明かした。

 その上で「正直、なかなか真正面からこの報道をお伝えすることができない状態でいたので。ただ、そこに関しましてはフジテレビさん今回の問題は当事者ですから、時間がかかるのはいたしかたないと僕は納得した上で待っていたわけであって、今回の機会を与えていただいて逆にありがたいと思っています」とコメントした。

 さらに「ただ、二度とこういうことが起こってはいけないので、こういうことが起こらないためにはどうすればいいのか等々、検証も含めて、できればよりオープンにした形で伝えていただきたいと思います」と提言していた。

関連記事(外部サイト)