宝塚音楽学校第108期生が1か月半遅れて劇場ロビーで入学式

第108期生の入学記念撮影は生徒間の距離を置いて行われた(宝塚音楽学校提供)

 宝塚歌劇で活躍するタカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)の第108期生入学式が5日、宝塚大劇場の大広間で行われた。当初は4月17日の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、約1か月半遅れて開かれた。

 式典は従来、音楽学校の講堂で行われるが、「密」を避けるため、広い大劇場ロビーを入学式としては初めて使用。1期上の本科生が校章を制服に付ける恒例のセレモニーもなくして、短縮して行われた。国歌や校歌の斉唱もなく、テープを流して代用。記念撮影も生徒同士、距離を開けて並んだ。

 第108期生は852人が受験。40人が競争倍率21・3倍を勝ち抜いたが、合格発表もコロナの影響で、同校の公式ホームページ上のみで行われた。小林公一校長は「108期生は合格発表も入学式も、例年とは異なる形で行わざるを得なくなりましたが、それは逆に、入学した時から既に注目される期生になったということでもあります。だからこそ、一生懸命努力して、夢の実現に向け着実に一歩ずつ成長していってほしいと思います」と激励した。

 首席入学の奥山映美(えいみー)さん=東京都江東区=は、3月27日の合格発表からの約2か月について「早く憧れの宝塚音楽学校で学びたい、という気持ちを募らせていました。レッスンができない日々が続いていましたので、心身ともに合格時の状態を保てるように努めました」とコメント。目標に元花組トップスター・明日海りおの名を挙げ、「華やかで凛とした、どんな役も演じられる魅力的なタカラジェンヌになりたいです」と話した。

 ラストチャンスの4度目の受験で合格した岡原ゆづきさん=広島県広島市=は「自粛中も自主稽古に励んでいましたが、心身ともに休むこともできましたので、これから宝塚音楽学校での生活で精一杯努力し、立派な舞台人となれますよう、日々精進致します」と気持ちを新たにした。

 授業はすでに今月2日から行われており、40人は2022年春の初舞台を目指す。1期上の第107期生とともにカリキュラムが遅れているため、夏休みを短縮するなどして対応するという。

関連記事(外部サイト)