清原翔、脳出血で緊急手術 命に別状なしも予断許さない状態

モデルで俳優の清原翔が脳出血で緊急手術 NHK連続テレビ小説『なつぞら』出演

記事まとめ

  • モデルで俳優の清原翔が脳出血のため、都内の病院に緊急入院していることが分かった
  • 命に別状はないが、予断を許さない状態が続いており、当面の間、治療に専念するという
  • 『なつぞら』では、なつ(広瀬すず)が引き取られた柴田家長男・照男役で注目を集めた

清原翔、脳出血で緊急手術 命に別状なしも予断許さない状態

<a href='/topics/keyword/清原翔/200506407161/'>清原翔</a>

 モデルで俳優の清原翔(27)が脳出血のため、都内の病院に緊急入院していることが18日、分かった。所属事務所が発表した。

 清原は12日夕方ごろ、外出先で体調不良を訴え、緊急搬送された。都内の病院で医師の診断を受けたところ、脳出血の症状が見られたため、同日緊急手術を行った。現在、命に別状はないが、予断を許さない状態が続いており、当面の間、治療に専念するという。

 同事務所は「ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。復帰の時期につきましては、改めてご報告させて頂きます」と説明。「1日でも早く、皆様の前に元気な姿を見せられるように目指して参りますので、今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒宜しくお願い申し上げます」とコメントした。

 清原は7月16日スタートの石原さとみ(33)主演のフジテレビ系「アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜」(木曜・後10時)に謎の青年・小野塚綾役で出演を控えている。

 清原は、昨年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、ヒロインなつ(広瀬すず)が引き取られた柴田家の長男・照男役に抜てきされ、注目を集めた。2013年から「MEN’S NON―NO」専属モデルを務め、16年に俳優業に進出。最近では、清原翔人(かーど)役を演じる「三井住友カード」のテレビCMでも話題になっていた。

 ◆清原 翔(きよはら・しょう)1993年2月2日、神奈川県出身。27歳。明治大学理工学部卒。「MEN’S NON―NO」専属モデル。16年俳優デビュー。17年「ゼクシィ」のCMの新郎役で話題に。今年はフジ系「アライブ がん専門医のカルテ」、FOD「東京ラブストーリー」、映画「サヨナラまでの30分」に出演した。身長185センチ。血液型O。

関連記事(外部サイト)