武井壮、渡部建と関係の女性に不満…自身が当事者の立場だったら「ただのリベンジポルノクソ野郎」

武井壮

 28日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、複数の女性との不倫が「週刊文春」で報じられ、芸能活動を自粛中の「アンジャッシュ」渡部建(47)が25日発売の同誌のインタビューで、不倫疑惑に加え妻で女優の佐々木希(32)や相方・児嶋一哉(47)への思いなどを明かした件を特集した。

 スタジオ出演したタレントの武井壮(47)は、渡部の不倫問題について「渡部さんがやったことは決していいことは何一つないし、奥さんも傷つけたし、女性にも良くない対応をしていたんだろうと思うと、擁護する気持ちは全くない」と話した。

 その上で、渡部の不倫相手とされる女性について「話している女性たちも、奥さんから損害賠償請求の対象になるし、自分が加害者だという意識を持たないと」とした。続けて「男女が逆だったらどう思うって。例えば僕が旦那さんのいる女性にちょっかいを出して、不満があるからと彼女との性行為をペラペラ雑誌に話して被害者って顔をしていたら、ただのリベンジポルノクソ野郎じゃないですか、僕が。そういうことをしているって自覚は持ってもらいたいなって、ちょっとは思う」とコメントしていた。

関連記事(外部サイト)