「ポツンと一軒家」関東18・3%、関西18・8%の高視聴率維持

所ジョージ

 28日放送のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜・後7時58分)の平均世帯視聴率が、関東地区で18・3%だったことが22日、分かった。前回18・2%から0・1ポイント上昇した。

 また、番組を制作する朝日放送テレビが放送した関西地区では18・8%を記録。前回19・4%から0・6ポイント減だった。

 タレントの所ジョージが司会、予備校講師でタレントの林修がパネリストを務め、日本各地の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を紹介する番組。日テレ系「世界の果てまでイッテQ!」など人気番組がそろう日曜夜の激戦区に2018年10月から参戦した。今年4月26日放送で関東22・9%、関西23・7%とともに番組最高視聴率を更新。

 今回は捜索隊が訪れたポツンと一軒家の“その後”を追う「あのポツンと一軒家は今?」と題し、三重県と静岡県の一軒家を再取材した。(数字はビデオリサーチ調べ)

関連記事(外部サイト)