本村健太郎弁護士が分析 木下優樹菜の活動再開は「名誉毀損の告訴期間が経過したため?」

木下優樹菜

 2日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜・後1時55分)では、タレントの木下優樹菜(32)が1日付で芸能活動を再開すると同日、所属事務所「プラチナムプロダクション」が発表したことを報じた。

 木下は、実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店を巡る“どう喝騒動”を起こし、ネットで大炎上したことを機に昨年11月18日から活動を自粛していた。

 コメンテーターで出演の本村健太郎弁護士(53)は自粛期間8か月を経ての今回の活動再開について、「今回のケースは名誉毀損罪にあたる可能性もあったのですが、6か月たつと刑事告訴できないんです。告訴期間が経過したため、活動再開に踏み切ったのかも知れません」と分析した。ただし、民事裁判での損害賠償請求の期間は3年だとした。

関連記事(外部サイト)