マツコ、「好きな人の好きなものを好きになる」ことは「恋愛の醍醐味だよね〜」

マツコ・デラックス

 タレント・マツコ・デラックス(47)が6日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜・後5時)に電話出演。「好きな人の好きなものを好きになる」という人の心の動きについて、コメントした。

 この日の番組では、10〜60代の男女1789人にアンケートしたところ、4人に1人が「好きな人の好きなもの、ことを無理して好きになったことがある」という調査結果を紹介。

 このことについて、マツコは「物は取りようでさ。そんなに興味なかったり、一度も関心とか持ったことないものでも、本当に相手のことが好きだった時って、それに合わせているのが喜びだったりしない?」と問いかけた。

 さらに「必ずしも悪いことじゃないなって」と言うマツコにMCのふかわりょう(45)が「マツコさん自身、そういう経験が?」と聞くと、「私はですね。こう見えて、意外とそういうタイプです」ときっぱり。

 「例えば、オシャレライフが好きな人だったら、無理して味も素っ気もないメシを一緒に食いに行くとか。湘南が好きな古いジジイみたいなヤツだったら、無理して一緒に鎌倉から江ノ電に乗ったりとかね」と話したマツコ。

 「自分をねじ曲げて相手に併せているとなると、否定的な話になっちゃうんだけど、変わらないから人間なんて、そうそう。その人が好きな間だけだから。無理して、それをやっている自分がかわいいってなるのよ。それを楽しむのが恋愛じゃない? 自分が無理してやっている感じが客観的に見て、いじましいというか、『あ〜、恋してる』って感じになるわけよ」と続け、最後には「それが恋愛の醍醐(だいご)味だよね〜」と結論づけていた。

関連記事(外部サイト)