岩井志麻子さん、3歳児置き去りで餓死させた母親に「見栄を捨てて、プライド捨てて、すがっていたら…」

岩井志麻子さん

 作家・岩井志麻子さん(55)が9日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜・後5時)にリモート出演。東京・大田区の自宅マンションに3歳の長女を放置し、餓死させたとして、24歳の母親が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件について、コメントした。

 今回の容疑者について、「冷酷じゃなく、小ずるいって感じ」と話し始めた岩井さん。「こういう事件があるたびにお母さんが責められるけど、お父さんはどうしてるの? 離婚しているから、しようがないとか言うけど、(子供の)様子をうかがうとかもない」と疑問を呈した上で「あまりにもお母さん1人に背負わせていて、お母さんも小ずるくなっちゃうのよ。周りにも気にする人はいたはず。バイト先とか近所に人とかさ。この人も変な見栄とか捨てて、『私、もう無理かもしれない』っていうことを声かけてきた人に正直に言っていたら、誰かが通報したりしていたかも。見栄を捨てて、プライド捨てて、すがって下さい。助けてって」と世の女性たちにアドバイスした岩井さん。最後には「もう泣くわ〜」と声を荒らげていた。

 今回の事件で24歳の母親は3歳の長女を自宅に置き去りにし、6月上旬から中旬にかけ、約1週間にわたり鹿児島県へ出掛け、知人男性と会っていた。

関連記事(外部サイト)