秋元才加、久しぶりの観劇「役者も観劇者も命がけというか、違った重みを感じました」

秋元才加

 元AKB48の秋元才加(31)が12日、自身のインスタグラムを更新、久しぶりに舞台の公演を観劇したことを報告し、思いをつづった。

 秋元は「久々の観劇。ドキドキしながら劇場に向かいました。劇場や劇団の皆様、コロナ対策をしっかりしての公演でした」と記し、劇団「カムカムミニキーナ」の公演「猿女のリレー」が上演された都内の劇場の外観の写真をアップ。

 「私のまだ知らない感情を掘り起こしてくれる舞台や映画などのエンタメ。私にとって、自分や人を教えてくれる大切なものです。素敵なセリフや演出を見ると、心がホクホクします。役者も観劇者も命がけというか、久々の観劇はまた違った重みを感じました。また、感染者が増えてきてはいますが、1日も早い収束を願っています。舞台に立ちたい思いが更に強くなりました #カムカムミニキーナ #猿女のリレー」と、熱い思いをつづった。

 この投稿には「また才加さんの舞台みたい 感動して泣きたい」「私も今までさぁちゃんの出てる舞台を観て、たくさん心を豊かにしてもらってきたな。エンタメってかけがえのない大事なものだなって思う」「エンタメは生活の糧になる大切な存在です。地方住まいの者としては、配信はありがたいなぁと思う一方で、やっぱりその場の熱量を直接感じたいという欲がむくむく湧いてくるこの頃です」など、フォロワーからも熱いコメントが寄せられた。

 秋元は6月22日に、以前より交際していた人気ラッパーのPUNPEE(36)と20日に結婚したことをツイッターで発表した。

関連記事(外部サイト)