映画コメンテーター・有村昆さん、新型コロナ陽性が判明 舞台「人狼」の原案を担当

有村昆氏

 映画コメンテーターの有村昆氏(44)が、新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。12日、所属事務所を通じて発表した。現在も熱があり、入院中という。妻でフリーアナウンサーの丸岡いずみアナ(48)と長男に関しては今後検査を受けるとしている。

 先月30日から今月5日まで上演され、新型コロナウイルスのクラスター感染が疑われている「THE★JINRO イケメン人狼アイドルは誰だ!」(新宿シアターモリエール)の原案を務めていた有村。所属事務所によると、出演者から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたとの報告を受け、保健所の指示を仰いだものの、その時点では保健所から濃厚接触に当たらないと判断されていた。有村氏は6月30日の夜公演と7月5日の夜公演を観劇し、出演者とあいさつを交わしていた。

 その後、7月9日に37度の微熱、10日朝には38度の熱があり、同日にPCR検査を受け、大事を取って11日から入院。12日に陽性が確認された。俳優・山本裕典(32)が10日に感染を公表するなど、同舞台での感染者は20人を超えている。

関連記事(外部サイト)