岡田健史、コロナ禍の高校球児演じる「2020年の全高校球児の姿を具現化できるように」

NHKショートドラマ「これっきりサマー」に出演する南沙良と岡田健史

 俳優の岡田健史(21)と女優の南沙良(18)がNHKのショートドラマ「これっきりサマー」(関西=17〜21日・後8時42分、全国=22日・後1時50分)に出演することが4日、発表された。

 コロナ禍の夏が舞台。夏の甲子園大会が中止となった高校球児・薫(岡田)と夏フェス中止を落ち込むロック好きの女子高生・香(南)。マスクを付け、ソーシャルディスタンスを保ちながらも、会話で交流を深める。

 高校時代、長崎の名門野球部に所属していた岡田は「2020年の全高校球児の姿を具現化できるように、自分の記憶、そして今、目の前で起きている事実を拾って精いっぱい演じきりました」とコメント。南も「実際にマスクを着用し距離感を守りながら臨むお芝居は初めてでしたので新鮮に感じました。皆さん、以前より自宅にいることが増えると思います。こういう時だからこそ、ご覧になった方が、少しでも明るく晴れやかな気持ちになってくだされば、と思います」と語った。

関連記事(外部サイト)