コロッケ、ネット配信でものまねを披露「少しでも笑顔になっていただきたい」

(左から)宮澤佐江、コロッケ、河西智美

 ものまねタレントのコロッケ(60)、元AKB48で女優の宮澤佐江(29)、河西智美(28)が5日、東京・六本木のものまねライブエンターテイメントシアター・CROKET MIMIC TOKYOで、ライブ配信「MIRROR‐E‐STAGE」の取材会に参加した。

 同ライブは、新メディア「Thumva」(サムバ)のプラットフォームを使って配信。コロッケを中心としたものまねメンバーと、ホリプロ所属のタレントが出演し、歌やトークを行う。5日午後7時から公演を順次行い、月に数回のペースで行われるという。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、コロッケのデビュー40周年を記念した公演や舞台も中止となった。「日本中、世界中でコロナの影響で頓挫していることがいっぱいある。エンタメ界でもなにかできないかと悩みまして、少しでも笑顔になっていただこう、喜んでいただこうと配信を行います」と決意を語っていた。

 リハーサルで楽曲「ごめんね ジュエル」を歌唱した河西は「本当はミュージカルの本番を迎えるはずだった。本番が迎えられなかった子たちの分も盛り上げたい」。宮澤も、「配信で皆さんに会えないのは残念だが、頑張ってとメッセージを伝えられれば」と話した。

関連記事(外部サイト)