49歳で妊娠の小松みゆき、祝福に感謝「パートナーがまだ41歳」公表の理由も明かす

インスタグラムより@miyuki.komatsu.no.5

 14日に妊娠を発表した女優の小松みゆき(49)が15日、自身のインスタグラムを更新。祝福の声に感謝するとともに、妊娠公表の理由などを改めて説明した。

 小松は咲き誇るチューリップの写真を添え「お祝いのメッセージをありがとうございました 他人の妊娠をこんなにも喜び、心配してくださる方がいるなんて…と驚愕と共に感動しております」と感謝。

 「選択肢としては出産まで隠すことも頭にありました」というが、7月の映画撮影に妊娠を隠して臨み「つわりがきついので薄々周りの方も気付いていきますし内緒でとお願いした方々にもストレスを与えてしまったように感じました。人の口に戸は立てられないとも言います。万一、他から漏れるくらいなら早く自分からお知らせした方がいいのではないかと思いました」と明かした。

 また「ハイリスクでの妊娠ですので、もしかしたら妊娠継続が難しいことになるかもしれないことも頭をよぎりました。ですが妊娠継続ができるかどうかは確率が高いだけで年齢に関係なく起こり得る問題であること、またそのような事態も受け止めていく覚悟であることからこの時期に公表する決意にいたった次第です」と説明。

 さらに「染色体検査を2種類受けて問題がないこと」「出産時にパートナーがまだ41歳であること」などと明かし、「些細ながら不妊治療をされている方への一つの参考になれば幸いです」とつづった。

 小松は2003年からフジテレビ系ドラマ「大奥」シリーズなどに出演。2009年12月に一般男性と結婚し、14日にインスタで「この度妊娠いたしました いまは5ヶ月半ばです」と報告した。

関連記事(外部サイト)