岸部四郎さん 拡張型心筋症による急性心不全で死去、71歳…所属事務所「全ての方たちにち心から感謝」

岸部四郎さん

 タレントで俳優の岸部四郎さんが8月28日午前4時33分、拡張型心筋症による急性心不全のため、死去していたことが15日、分かった。71歳だった。所属事務所が書面を通じて発表した。葬儀は家族のみで執り行ったという。

 03年に脳内出血で倒れ視野狭窄(きょうさく)などの後遺症を患い、パーキンソン病との闘病で入退院を繰り返していた。

 事務所は「ザ・タイガース時代から応援してくださいました、たくさんのファンの皆さま、芸能関係者の皆さま、治療やリハビリに携わって下さいました全ての方たちにち心から感謝しております。ありがとうございました」とコメントした。

 岸部さんは1969年、兄の一徳がいる「ザ・タイガース」に加入。71年の解散後に俳優として活動し78年、日テレ系ドラマ「西遊記」に沙悟浄役で出演。84〜98年は日テレ系ワイドショー「ルックルックこんにちは」の司会者として長く活躍した。

関連記事(外部サイト)