岸部四郎さん死去に堺正章「残念の極み」…「西遊記」で共演

ドラマ「西遊記」の撮影場面。縛られる(左から)孫悟空(堺正章)、猪八戒(西田敏行)、沙悟浄(岸部四郎さん)、三蔵法師(夏目雅子さん)(1978年8月)

 グループサウンズ「ザ・タイガース」のメンバーで、テレビ司会者や俳優としても親しまれたタレントの岸部四郎(きしべ・しろう)さんが8月28日午前4時33分、拡張型心筋症による急性心不全のため、千葉県内の病院で死去したことが15日、分かった。71歳だった。

 1978年から80年にかけて日本テレビで放送されたドラマ「西遊記」で岸部さんと共演した堺正章(74)は15日、所属事務所を通じて「突然の訃報に驚くばかりです」と悲しみのコメントを寄せた。

 「西遊記」は岸部さんが沙悟浄、堺が孫悟空、西田敏行(72)が猪八戒、85年に死去した夏目雅子さん(享年27)が三蔵法師を演じた名作ドラマだ。放送から約40年が経過しているが、堺は「四郎ちゃんには西遊記で沙悟浄役を頑張っていただいた思い出が大きく残っています」と当時を振り返った。

 役柄から岸部さんをカッパ、堺を猿、西田を豚、夏目さんを三蔵法師と呼ぶなど4人は仲が良く、和気あいあいとした雰囲気だった。かつて堺が司会を務めたTBS系料理バラエティー番組「チューボーですよ!」に西田がゲスト出演(05年4月9日放送回)。堺が「カッパは三蔵法師のこと、好きだったんじゃないですかね?」と岸部さんが当時、夏目さんに好意を寄せていたことを明かし、西田も「好きでしたね。全然態度が違った」とほほ笑ましいエピソードを語っていた。

英国でも放送 78年の第1シリーズはNHK大河ドラマと同じ日曜午後8時の放送ながら、平均視聴率19・5%(ビデオリサーチ、関東地区)を記録。最高視聴率は最終回の27・4%だった。高視聴率を受けてシリーズ化され、ゴダイゴが担当した楽曲「ガンダーラ」なども人気に。英BBCで英語吹き替え版が放送され、海外でも大きな話題を集めた。

音楽で一時代 岸部さんのザ・タイガースに対し、堺は井上順(73)らとザ・スパイダースに所属。音楽で一時代を築いた共通点もあり、堺は「同じグループサウンド出身の四郎ちゃんにお会いできないかと思うと残念の極みです」と別れを惜しんだ。若手の頃からしのぎを削った「戦友」「同志」のように感じているという。

関連記事(外部サイト)