光浦靖子 生島ヒロシに告白 芸能界を離れ、留学する計画あった

光浦靖子と共演した生島ヒロシ

 お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子(49)が27日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月〜金曜・前5時)にゲスト出演する。このほど収録が行われ、話題の新刊と幻となった海外留学についてMCの生島ヒロシ(69)と熱く語り合った。

 12月11日に出版される「傷なめクロニクル」(講談社刊)は、光浦が17年間にわたってテレビ情報誌「テレビブロス」に「脈あり?脈なし?傷なめクラブ」のタイトルで掲載した連載を書籍化したもの。「くだらないけど、なんか深いお悩みに答えています」と苦笑いする。

 例えば「浮気相手の奥さんと今度、話し合いをするんですが、どんな服装をして行ったらいいですか?」という読者のディープな質問にも「ケバい服をきて行きなさい! タバコもふかしながら」とアドバイスしている。他にも「厳格な父が飲み屋ではヒワイな赤ちゃんになっている」、「女同士で旅に行く時、気をつけることは?」と言った難問・奇問に対しズバッと答えている。

 芸歴27年、来年5月に50歳になる光浦。実は今年4月から芸能界を離れ、カナダに留学予定だった。「新しい風を入れたかった。現状をひっかき回さないと、いろいろ沈殿していますので…」。

 ところが新型コロナ禍により頓挫。20歳の時に片道切符を握りしめ、4年間の渡米生活を経験している生島は「留学はとても良かった。赤面症も治ったし、生まれ変わった」とエール。光浦も再チャレンジに燃えていた。12月4日にも出演する。

関連記事(外部サイト)