中村獅童「舞台中は朝からステーキ」歌舞伎俳優ののどのケアは牛肉!?

プロジェクト発表会に出席した中村獅童

 歌舞伎俳優の中村獅童(48)が27日、東京・銀座の「坐来大分」で行われた大分県ブランド牛肉「おおいた和牛」のプロジェクトPR発表会に出席した。

 大分県がブランド和牛の魅力を発信すべく、PR隊長に獅童が就任。獅童は「我々歌舞伎役者はマイクなしで会場3階の奥まで届く発声をしている。毎日の公演で疲れた時、のどのケアとして牛肉が良いと言われています。スタミナ勝負のところもありますので。舞台中は朝からステーキを食べたりもします」と話した。

 コロナ禍でエンタメ業界は打撃を受け、歌舞伎も休演を余儀なくされた。ステイホーム期間中の過ごし方について獅童は、「料理は結構作りました」。ラーメンを本格的にスープから手作りしたといい、「4、5回作った。ラーメンが非常に好きなので色んなタイプのラーメンを作りましたね。二郎系も作ったんですよ。スープから作ると無心になれるので」と目を細めた。

関連記事(外部サイト)